IT業界の中でも高いニーズのある職種の中の一つに、WEBデザイナーの仕事があります。

WEBデザイナーの仕事内容
WEBデザイナーの仕事内容

WEBデザイナーの仕事内容

IT業界の仕事を希望する人は、若い人を中心として増えてきているといわれています。
IT業界の中でも、人気の高い職業の中の一つに、WEBデザイナーの仕事があります。
WEBデザイナーは仕事名を見てもらえればわかりますが、WEBサイトのデザインを作るのが主な仕事になります。
グラフィックソフトがいくつかありますので、このソフトを必要に応じて使い分けて、カラーやロゴ、アイコン、キャラクター、写真画像の加工やレイアウトを作っていきます。
デザインが完了しただけでは、サイトを表示できないので、WEBページとして見られるようにするために、コーディングという作業を行います。
HTMLもしくはCSSを使って作成していきます。
一般的にはここまでは通常のWEBデザイナーの業務となります。
しかし最近のWEBデザイナーを見てみると、スクリプトの作成を行っている所も多いです。
簡単なプログラムを作成することです。
現在はWEBサーバーで動作するものとブラウザを使って動作するタイプの2種類があります。
基本的にWEBデザイナーがスクリプトに関わる場合には、ブラウザ側を使って動作するタイプのものであることが多いといわれています。
しかしあくまでも付随業務なので、いきなりこの業務を要求されることは少ないでしょう。